まかほい!

つれづれらくがき。ほかArchimedes & Co.のサークル情報。アニメの感想やメモは、腐っていたりいなかったり。どっちにしても女視点。おっさんと眼鏡萌え。

アリスと蔵六

爺好きの自分としては。

蔵六さん、

大好きだあああああああ!!!!

あの能力を見たあとに、能力者な子供たちに向かって

げんこ!アイアンクロー!普通の人なのに鉄拳制裁!!

最終的にはワンダーランドにまで説教!!

最初、ヤのつく職業と関わりのあるやばい人のようにみせかけといて、あの顔で、花屋!!お花屋さん!!

素敵すぎる!

ついでにいうと、

紗名ちゃんとのコンビが微笑ましい…!

ホントの孫よりちんまいから、最終回あたりに蔵六さんと年の差結婚とかがなさげでそれもポイント高い…!!

(つかあの人の性格だと紗名ちゃんが未来蔵六氏に恋愛感情をもったとしても、断固として拒否りそうww)

紗名ちゃんの成長ぶりを見るのがめっちゃ嬉しい。

 

…が。原作を読んでる相方曰く、

『原作、今めっちゃダークなんだよね……』

2期を求めたいけど、ダークなのか……。そうなのか…。

 

ちな、歩くんは途中まで女の子だと思ってたけど、

最終的にすごく頼りがいのある男の子になって嬉しい限り。

 

でも、7話。横浜では「肉まん」っていうけど「豚まん」とは言わないとおもう…。(「豚まん」は神戸中華街。のはず。)

亡念のザムド

いつも適当に選んでみているので、いつ作られたのか、どこが作っているのか、とかはまったく気にせずに視聴して、ここにメモっているわけですが、

見る前にちょこっと「ジブリっぽい」とか言われているのを目にしたりしてたので、OPとか見て「ああ〜なるほどね〜」とは思ってたんですが……

 

見てるうちに、ジブリはすっとんで、入ってきたのはエウレカセブン

軍部と宗教の台頭、摩擦、なにか解らないものによる一般市民への重圧、主人公がそれによって「シップ」に乗る事になること、乗ってすぐにはなじめないものの、端物な仕事を与えられる事、

自分の好きな女の子に対して一途なこと、なにより主人公が変身?するヒトガタが、エウレカセブンやHEROMANっぽいこと(今wiki見たらザムドの方HEROMANより先だった…)、少数民族の扱い、etcなにより空気感?から、「………これ、もしかしてボンズさん作品???」(前情報入れないから、よくこんなことになる)と相成った訳です。

 

……が、なんというか、正直ハルにイライラ。

アレだけアキユキ好き〜!!で、

アキユキに会うために外に行ける軍に入ろうとした、まぁそこまではいいんだけどね?

その後、アキユキを軍が追い回してるの知っててなぜそのまま除隊もせずに所属してんの、あんたーーーーー!!!

フルイチの言動からして、あれはアキユキを好きなんだったら速攻「敵」認定案件でしょーが!!!

しかも、所属する上でアキユキ切ってるよね!?一時だとしても切ろうとしたよね!?……ありえないんですが。

あれだ。Vガンダムシャクティくらいイライラします。

イライラといえば、すべてを旦那のせいにして、毎回喧嘩売りまくってるアキユキの母もそう。母としての感情とかはすごいと思うけど、旦那に対する態度、ひどすぎ。旦那が不器用?あんただって充分不器用、いや、その上毒出してるじゃん!!

 

自分も女だけど、社会にでたら「感情的になったら負け」と知って、

冷静になって周りをみたら、たしかにヒステリックに怒る人は、

ヒステリック発動されるのが怖くて一線ひかれてるイメージが。

(上司とかだとミスの報告しづらかったりするしねぇ…)

そういうわけであの母が毎回怒るところが、実は「ああ〜またか」とは笑えず、

ストレスたまったりしてました。

怒らずに別の方法で自分の考え方を伝えてたら、

あの家族はあんなことになってなかったと思うんだけど。

でっかい弁当ばっかり作ってる場合じゃないと思う。

そんなに手間かけた弁当なんだからさー。おいしく食べてもらえる努力しようよー。

旦那が「何も言わずに決めちゃう」って怒ってるけど、

世間には『口ばっかりで何もしない男』も、結構いて、

私は黙って行動起こす自分の身の回りの事には無頓着な男の方がいいと思うんだけど。

眼球切られても「うまい」とか言って弁当食べてくれるくらい肝が据わってるだんな、

すごいとおもうよ………。うん。

 

 さて、ここまで「母のヒステリーどうなんだよ」で終わってますが、

ラストのアキユキが帰ってきたとこで思ったのは

……どうやってあの石化してたとこから人間に戻れたの?声が聞こえてただけですむ問題なわけ?納得いかないんですが。

「愛してる♩」で終わられると、エウレカセブンの月面にでっかく書かれた相合い傘とおんなじかよーーーーー!!!いや、こっちのほうが幾分スマートだけど、でも、

…おんなじだよ…。と、?とorzで視聴終了いたしました。

 

え?私の押しキャラ?船長と父ちゃん。あと、診療にきてるみかんばーちゃん。

 

そういえばボンズさん作品って、子供と年寄りに味があって、

特に年寄りが「動きは少ないけどよい先達」味がきっちりあって、

そういうとこが凄く好き。

そういう年寄りに私もなりたい。

 

ばらかもん

あ〜こりゃ子供がうざいことになるアニメかなあと思っていたら、

主人公が書道以外、その子供たちがいなけりゃどうにもならんほどのヘタレだったようで、ずうずうしい懐こさに救いをみることに。

 

えぇ……5話あたりでやっと気づきました。

……このヘタレな主人公が「半田くん」だってことに(汗)

 

実はわたし、アニメは「半田君」を先に見てて、しかも周辺情報まるで確かめもしなかったので、「はんだくんおもしろ〜い♩」で終わってしまってたんですが、……まさかその「半田君」の方がスピンオフだったなんて……!!!

名前で気づけよって思うのは、気づいた後でしたね…。

 

 

 

半田君の両親が島に言ったら、どんだけもてるんだろう、と、ちょっと見てみたいと思ってます。

 

そういえば18歳で大賞をとったあの子は半田君のファンっていうのはほんとみたいで、なにげにお手伝いなんかもしているあたり、これからの展開でどう「壊れ」ていくのかが楽しみ。

 

あと、半田君のお父さんはかっこよすぎて反則だと思う。(自動車の運転はやめてほしいけど。(汗))

お母さんとどうやって一緒になったのかが気になるけど、

……見合いかなぁ……。

 

 

島の子供がかわいすぎて、続きが見たくてたまらんです。

 ところで半田君、頭強打してばっかだけど、この先大丈夫なんだろうか…

ふらいんぐうぃっち

青森が舞台の魔法使いアニメ

…って、でもこの魔法使いは変身魔女っ子系ではなく、分類でいうと

魔女の宅急便」のキキ系だ。

ただし、独り立ちして仕事を持たなければいけないキキとは違って高校に通っているのであそこまでの追いつめられ感は、まったくない。

居候している家の人びともとてもいい人たちで、

おかげで本人の性格であるほわりとしたものがそのまま活かされている。

使い魔の猫も、ちゃんと猫の鳴き声だけで対応していてそこも好き。

ゆっくりとした時間、のんびりした環境、「のんのんびより・魔女が転校してきたよ」系とも言えるのだけど、ただ、この作品、

ギャグが静かに強烈。…うん、ほんと静かに強烈。大好き。

あと、男の子が高校生なんだけど実によく働く。

マイペースとみんなに言われてる割に、台所仕事もよくするようだし、

農作業もちゃんと手伝ってるし。

自分のまわりの農家男子は高校生の頃に家の手伝いなんてなんもしないようなのしかいなかったから、もうそれだけで好感。

ここん家の男子は基本静かだけど、とーちゃんだけが津軽弁ってのが方言話者からすると微妙。なぜみんな共通語なんだ。微妙にまざってたりはしないのか。「金色蹴鞠〜」の讃岐弁は、主人公と近所のばーちゃん以外は怪しいのが多かったとはいえ、みんな讃岐弁だったが、津軽の共通語事情がわからないからつっこめないけど、なんかひとりぼっちの父が気の毒でたまらん…。

まじめな働き者なのに。主人公の津軽弁への造詣は、あの家族の父以外の人間の喋りにかかってくるんじゃなかろうか。

 

ところでちっちゃい子のローブ、たしか基本的に地味じゃないと駄目っていってたはずなのに真っ赤でいいんだろうか、とか

主人公が言い出した畑だけど、ほんとに主人公は農作業してたんだろうか、とか(男子が草取りとかしててくれたのはセリフに入ってた。←しかもとがめた感じで言ってる訳じゃないとこがまた好感度が…)

あー。二十日大根いいなー私もつくろうかなー。あれ、一番いい季節っていつだっけなー今からじゃ間に合わないかなー二十日でできるんだから今からでもいんじゃね?とかいろいろ作物煩悩がむくむく。

 

あああ、2期とかやってくんないかなー。見たいなー。で、2期を見る前にまたこの1期を全部見返すんだ。とか今から計画立ててみたりする。

そしたらこの感想文もまたいろいろ書き足したり書き直したりするんだろうと思う。

 

…カカオはちゃんとチョコレートになったんだろうか。

いやでもあの兄だったらちゃんとチョコにしそうな気はするな…。

亜人ちゃんは語りたい

絵がかわいいので、亜人系萌え女子高生アニメだとばっかり思ってたら、

主人公は男子生物教師だったという…。

じゃあハーレムものかといえば、この男性教師、亜人になみなみならぬ興味はもてども他はものすごくちゃんとした教師。力が抜ける喋り方はしてはいるものの、しっかり大人な考え方。健全生徒指導。

だもんで、この主人公の大人な智慧や行動によって救われて行く亜人の生徒や、+サキュバスの女教師。

普通なんだけど、そこがイイ。

 

そんな主人公に教頭が「高橋先生が頑張りすぎるから、(亜人ちゃんたちが)他の教師に頼る事をしなくなったんじゃないか」という回があるものの、

「私たちと亜人がほとんどかわらないからって、知ろうとしてないことのほうが、実は問題なんじゃないか。高橋先生は逆にそのへんを知っているから亜人たちからも信頼されて悩みも相談してもらえてるんじゃないのか」という女生徒の発言により、そのグループの生徒は亜人たちと今までより少し仲良くなっていく。

主人公は海っぺりで一人で悩んでいたが、

亜人たちからのビデオレターや、ひかりの「努力してるひとに努力するななんていうのがまちがい。だったら自分たちもそれくら努力すればいい」という発言で、浮上。

 

ちょっと泣けた。

努力することは全然悪い事じゃない。努力してるひとをおとしめる発言をするひとは、それよりも努力して同じステージに立った方が楽しいよ。と、努力してる人間に文句を言っている人間を「あんたは文句しかいわない」とか言葉で攻撃するでもなく、「良い方向」だけ指し示す。

 

努力してた(?)高橋先生は、これからもがんばって亜人ちゃんたちを見守れるし、亜人ちゃんたちは友人も増えそうだしで、楽しそうだ。

 

たぶんここで終わってもいい話なんだろうけど、

できれば2期みたいよう!!高橋先生と、ひかりちゃんのあのうるさい声は癒しなんだよう。

そして、サキュバスの先生は、恋愛がんばってほしいと思います。密かに応援しているぞ!!

 

……にしても、高橋先生は顔に似合わずムッキムキ…。

ラブ米

美青年擬人化ブランド米たちが、米の復権をかけて新嘗祭でパフォーマンスで

パン(麦じゃないところが…)に挑む話。

とはいえ新嘗祭でパンにトリをとられてる時点でもう米、終了ってかんじですが。

 

なお、もし二期があったらラーメン(麦)な模様。蕎麦じゃねーのかよ、と、ちょっとつっこみたい。

 

 

あと、ラストにきてるクックパッドの米レシピ、コシヒカリとかでつくるのめっちゃもったいないんですが!いためたり、こがしたり。おいしいとはおもうけどふつうのおにぎりの美味しい作り方でええやん!…と。

 

にしても、米の品種に「ちんこ坊主」っていうのがあるのは知らなかったわー。

吃驚。

 

こまかいだじゃれ(ラブライス…ほか)や、現実に則した設定(家族構成含む)などが連続でやってきて、

見終わったあとにはけっこうなダメージをもらってるかんじ。

5分アニメなんで12本すべてみないとダメージこないけど。

5分だけじゃ何が何やらわからないけど。

 

とりあえず、私は米好き人間なんで、こっそり応援してますぞー!

ロクでなし魔術講師と禁忌教典

ろくでなしといいながら、しっかり実力者な主人公っていうのはもうこの世界の織り込み済み、デフォルト。

結局はゲスでもなんでもなくて真っ直ぐであっつい奴なわけですが、

それの相手役になりそうなシスティーナが豆腐メンタル。

ほんとに弱い。打たれ弱い。それでも頑張ろうとしてはいても

やっぱもろい。うろたえる前にそこの死体になりかかってる

あんたが好きな先生を助ける手助けをしろよ、と叫ぶ。

まあでも、大体においてちゃんと逃げずに頑張ってるんだけど。でも、それでもあれだけ修羅場くぐってるんだからそろそろ慣れなはれ。とツッコミは入れたい…。それか、もう普段から性格かわっておとなしくなるかどっちか選択しろと。

 

キャラ的にはアルベルトさん萌え。落ち着いてるとこか。苦労人っぽそうだからか。まじめそうなとこか。…どこも立派な萌えポイントではある…。

あと、多分バーナードさんだと思うんだけど(名前出てなかったかうろおぼえ)、あのご老体も大好き。力技なご老体は、ほんとに萌える〜〜。ちょっとしかでてこなかったから、これも次回に期待。

 

それにしても天の智慧研究会のエレノアさんの演技力が素敵すぎて、

そのためにエンディングのスタッフロールをガン見してしまったよ…。

 

さて、結局タイトルにもある「アカシックレコード」は、その名称しかでてなかったわけですが、………二期あるよねえ…?